MACOME 製品情報 企業情報 環境情報
ホームホーム > 製品情報[TOP] > 磁気回転ポテンショメーター > MRP-510

磁気回転ポテンショメーター アナログ電圧出力タイプ MRP-510
MRP-510 回転ポテンショメータ MACOME マコメ研究所

MRP-510

MRP-510は、円筒の内部に永久磁石を取り付けた発磁体と、その発磁体の磁界の間に差し込むように置かれた高感度磁気センサーによって、発磁体の回転角に比例したアナログ電圧出力を得る、磁気式非接触回転ポテンショメーターです。
 

  • 小型、軽量、低消費電流で非接触検出です。
  • 磁気検出素子に高感度磁気センサを使用しているため高出力、高安定度なアナログ電圧を出力します。
  • 出力はフローティング出力で、電源と絶縁(アイソレート)されているため任意の電圧レベルにて使用できます。
  • 磁気式、非接触検出のため耐環境性に優れています。
出力特性

出力特性グラフ
発磁体の一回転360°に対して、連続的なアナログ電圧を出力します。出力の有効範囲(出力変化の傾きが直線の範囲)は
MRP-510-A60は-30°〜+30°、
MRP-510-A90は-45°〜+45°になります。
なお、この範囲以外になると傾きが変化し直線性が劣ります。この範囲が±(3±0.5)Vになるように調整してあります。

仕様
項目 内容
製品名 商品名 磁気回転ポテンショメーター
型番 MRP-510-A60 MRP-510-A90
磁石(セット品) MG-510-A60 MG-510-A90
出力有効範囲 -30°〜+30° -45°〜+45°
出力直線性 ±1%FS以内 (出力有効範囲内) ±1.5%FS以内 (出力有効範囲内)
出力電圧範囲 ±(3±0.5V)以内 (-30°〜+30°範囲内) ±(3±0.5V)以内 (-45°〜+45°範囲内)
出力形式 電源部絶縁、アナログ電圧出力
応答周波数 300Hz (-3dB)
出力 アナログ電圧出力 (電源と絶縁 50MΩ以上 DC500Vメガにて)
  出力インピーダンス 約10kΩ
出力リップル 10mVp-p以下 (出力有効範囲内)
温度特性 ±300ppm/℃FS以内 (-10〜+60℃ 範囲内)
電源電圧 DC+15V±5% リップル1%以下
消費電流 20mA以下
保護構造 IP64(IEC規格準拠)ただし、コード末端部は除く
絶縁抵抗 ケース〜電源、出力一括間 100MΩ以上(DC500Vメガにて)
電源〜出力間 50MΩ以上(DC500Vメガにて)
使用温度範囲 -10〜+60℃(ただし結露、氷結しないこと)
使用湿度範囲 35〜85%RH(ただし結露しないこと)
保存温度範囲 -20〜+70℃(ただし結露、氷結しないこと)
保存湿度範囲 30〜90%RH(ただし結露しないこと)
外形寸法 ポテンショメーター本体 最大外形 直径44.5mm × 長さ26.5mm
(ベース部 直径44.5mm × 長さ12mmセンサ部 直径7.2mm × 長さ14.5mm)
発磁体 直径15mm × 長さ21mm
使用コード 直径4mm 丸形シールドコード 1000m
外形寸法
外形寸法

MRP-510

MG-510

CAD DATA
フォームまたは外部サイトにて。

株式会社マコメ研究所
MACOME CORPORATION

MACOME ページ トップ ∧