MACOME 製品情報 企業情報 環境情報
ホームホーム > 「磁気カード」のご購入について

2012年2月20日改
2011年2月25日改
2009年1月28日
株式会社マコメ研究所

「磁気カード」のご購入について

日頃より弊社製品をご利用いただき誠にありがとうございます。

弊社が製造販売しております「磁気カード」は、以下の手順で購入できます。

【お取り扱い内容】
● 一般のお客様(個人のお客様)
○ 「磁気カード」 スペアキー作成の場合(お手元に「磁気カード」が有る場合)

「磁気カード」自体には目で確認できる形で、管理No.(鍵のNo.)が印刷されていませんな
客様がお手元にある「磁気カード」をご覧になっても管理No.(鍵のNo.)は分かりません。。

スペアキー作成の際には管理No.(鍵のNo.)が分からないとスペアキーを造ることができません。
したがって、お手元にある「磁気カード」を専用の機械で読み取り、管理No.(鍵のNo.)の確認作業が必要となります。

管理No.(鍵のNo.)確認のため大変お手数ですが、一度、弊社宛へ「磁気カード」を送付していただいた上での確認をいたします。
確認の後、スペアキーを作成することとなります。(送付していただいた「磁気カード」は、スペアキー配送時に同梱返送いたします。)

ただし、お客様の事情により「磁気カード」の送付が不可能な場合は、次項の再発行手続きと同じく、出張扱いをいたします。

費用とお支払い方法 :
磁気カード代+送料+代引手数料

代金引換「磁気カード」到着時の代金引換払い。
代金は「磁気カード」配送時に配送員にお支払い下さい。

※費用は依頼時に確認してください。

【ご注意】 弊社へ「磁気カード」を送付する際は、簡易書留等をご利用下さい。(定形郵便、メール便等を利用されると受領印が必要ないため、未着等の危険性が伴います。)
○ 「磁気カード」 の再発行の場合(お手元に「磁気カード」が無い場合)
「磁気カード」自体には目で確認できる形では、管理No.(鍵のNo.)が印刷されていません。
紛失等の事情により再発行が必要な場合は「磁気カード」自体が無いため、管理No.(鍵のNo.)の確認が出来ません。

玄関、入口等に設置されているカード読み取り機器側にて管理No.(鍵のNo.)の確認が必要となります。
したがって、お客様の所へ出張の上、確認をしてから対応させていただきます。

費用とお支払い方法 :
磁気カード代+出張費

現金決済 出張時に代金払い。
代金は出張時に出張員にお支払い下さい。

※費用は依頼時に確認してください。

● 法人の方(企業の方)
○ 「磁気カード」 のスペア作成、再発行、カード自体の購入、その他
法人の方(企業の方)は一律、お問い合わせにて対応をさせていただきます。
従来から取り引きさせていただいている法人の方(企業の方)は従来通り対応をさせていただきます。
【お問い合わせ先】

「磁気カード」ご購入窓口

お問い合わせ

TEL 03-3734-2211

受付時間 月〜金 9:00〜17:00 (土日祝日、年末年始および弊社休業日は除く)

【許諾契約書】

「磁気カード」ご購入の際は以下の契約を承諾していただいた上で取り扱いをさせていただきます。

技術協力契約書

 
お客様(以下「甲」と言う)と株式会社マコメ研究所(以下「乙」と言う)とは、乙が製造するEKシリーズ製品群の持つ、個人及び法人の生命・財産の安全を守る事に資するという商品の特殊性を深く認識し、信義・誠実の原則にのっとって、次の通り技術協力契約書を締結する。

第1条(基本合意)

    乙は甲の依頼があったときに、これを応諾し、自社の持つノウハウを甲に提供して、磁気カード着磁作業その他の業務を行う。

第2条(技術協力)

    甲が乙に業務を依頼するに際し、当該業務遂行のために必要とされる着磁コードその他の情報を、乙に開示することとする。

第3条(所有権の移転)

  1. 乙が甲から依頼された作業を完了し、甲に引き渡した時点で、その所有権は甲に移ることとなる。
  2. 前項規定の納入に先立ち、乙の技術者ないし営業担当者が甲に対し、本件商品のシステム概念の説明及び技術指導を行う。
  3. 前項規定の技術指導等の業務条件については、必要に応じて甲乙間で協議の上、これを定める。

第4条(管理責任)

    前条に基づき、乙より商品納入が完了した時点で、甲は当該商品の一切の管理責任を負うことになる。

第5条(守秘義務・業務監査)

  1. 本契約履行に際し、乙が甲から入手した情報は、本件商品納入後、直ちに破棄する。
  2. 止むを得ず、甲から保管を依頼された場合、乙は提供を受けた情報を厳格に守秘・管理する義務を負う。
  3. 前項義務履行の為に乙は専任技術者を定め、社内外のネットワークから独立したスタンディング・アロン型のパソコンを使用し、これに当たる。
  4. 乙の守秘管理が適切に為されているか否かの確認の為に、甲は乙の情報管理状況の監査を、定められた期間ごとに行う事ができる。

第6条(有効期間)

    本契約の有効期限は商品の取扱日から一年間とする。

第7条(協議)

    本契約に定めの無い事項及び規定事項に関し疑義が生じた場合には、甲、乙相互に善意と信頼を以て協議の上、これを解決する。

以上

長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪10800-11
株式会社マコメ研究所
代表取締役 沖村 文彦

【個人情報の取り扱い】

上記窓口にてお客様からご提供いただく氏名(企業名)、住所、電話番号、管理No.などの個人情報は本件のお問い合わせ、ご購入においてのみ利用、保管させていただきます。
なお、個人情報の使用、保管については「株式会社マコメ研究所」が管理責任者となり行います。

株式会社マコメ研究所
MACOME CORPORATION

MACOME ページ トップ ∧