リニアエンコーダー、リニア変位センサー、無人搬送車用センサー等、磁気応用製品の専門メーカー

株式会社マコメ研究所

採用情報

お問い合わせ:製品や技術に関するお問い合わせはお気軽に

HOME > お客様サポート > FAQ

FAQ

AGV(無人搬送車)

ご質問一覧

回答

Q AGVのコース設営前に磁場障害が発生する場所や原因などを特定したい

A 床面磁界モニター『FC-4541』を使えば、磁場障害になる磁界の発生を
LEDレベルメーターで表示可能なので、場所や原因などを特定できます。

磁気誘導方式の無人搬送車(AGV・AGC)において床面に不要な磁界があると、誘導や番地検出に問題が生じます。コースレイアウトを検討段階で問題箇所を発見するには、この床面磁界モニターを使用すると大変便利です。

不要な磁界が発生する原因として、床面地中に鉄骨、配管、アンカーボルトなどが埋設され、それらが帯磁している可能性があります。また磁性金属製のグレーチング、鉄板などのエッジからも磁界が発生する場合があります。

検出素子は弊社磁気ガイドセンサー、各種番地センサーと同じ物を使用しているので確実に確認することが可能です。

ガイドテープのみの磁界の時
ガイドテープ以外の擾乱が発生している時

床面磁界モニターのLEDがガイドテープの上以外でも点灯した場合(右図)、ガイドセンサーの動作に問題が発生することがあります
(正常時のLEDは左図のようになる)。

Q コース上に不要な磁場が発生し台車が蛇行してしまう。蛇行せずに走行を安定させる方法は?

A 蛇行の原因は、発生している不要な磁場がN極の場合がほとんどです。
ルート磁石の両脇にS極磁石を配置することで解消できます。
※ 誘導センサーは、N極またはS極のみを検出するタイプに限る

ガイドテープのみの磁界の時

ガイドテープのみの磁界の時

N極のセンサーで蛇行する原因は、発生している不要な磁場がN極の場合です。S極の磁場であれば、相当強力な磁場でない限り蛇行しません。ルート磁石の両脇にS極の磁石を配置することで不要なN極の磁界を抑えることが可能です。

注意点として若干ですが検出距離が低くなりますので、問題が発生した場合は制御側で対処してください。

製品・技術・CADデータ、その他お問い合わせ

フォーム TEL(事業所一覧)※最寄りの事業者へ相談ください

・総合カタログ(Web限定)・カテゴリ別カタログ
・会社案内

ダウンロード ※外部サイト(イプロス)へ移動します