リニアエンコーダー、リニア変位センサー、無人搬送車用センサー等、磁気応用製品の専門メーカー

株式会社マコメ研究所

採用情報

お問い合わせ:製品や技術に関するお問い合わせはお気軽に

HOME > 導入事例 > MACOMEでカイゼン

MACOMEでカイゼン!! <事例と数値でナットク導入効果 その3>
ー ラインのチョコ停によるトラブル ー

ライン稼働中に「チョコ停」頻発!? ワークが停止せず、復旧に時間がかかる。カイゼンはないか?

トラブル事例

生産ラインの1箇所で、頻繁にトラブル(チョコ停)が発生(現在、改善中)。
トラブル(チョコ停)時にライン停止ができず、前工程のワークがトラブル箇所に進入し、不良となる。1つのワークが高価なため、1つのトラブルで損失が大きい。
AB制御を導入したいので現状の問題点をまとめたところ、

  • ・トラブルが検出されず、ワークが投入される
  • ・作業員が復旧作業中でもワークが流れてくるため不安全である
  • ・作業環境が悪く、光電管が検知されない

以上、3点が要因だと判明した。

トラブル状況と損失

  • ■ トラブル頻度:6回/28,800秒
  • ■ トラブル時 ワーク損失枚数:1個/1回
  • ■ ワーク損失金額:184,500円/1個
  • ■ 年間ワーク損失金額:26,568,000円
  • ■ 損失:1回のライン停止につき、184,500円/1ワーク

MACOMEがオススメする製品は、コレ!!
ポジショニングセンサー『PS-4482

カイゼンのポイントと期待できるお客様効果

マコメ研究所製のポジショニングセンサー『PS-4482』をラインコンベアーに、発磁体『MG-102A』をワークパレットに取り付け。

  • ・トラブル箇所へPS-4482を取り付けワークの状態を検出
  • ・4chの情報出力のため、ワークの情報を細かく検出できる
  • ・「1.ワークの有無」「2.ワークの進入検出」「3.ワークの枚数カウント」「4.ワークの排出検出」
  • ・光電式では実現ができなかった、悪環境下でのセンシングも可能
  • ・コンベアーにポジショニングセンサー『PS-4482』を取り付け、AB制御が可能になった

製品の詳細は、コチラ

ポジショニングセンサー『PS-4482』
ポジショニングセンサー『PS-4482』
発磁体『MG-102A』
発磁体『MG-102A』

カイゼンの効果とメリット

  • ■ トラブル頻度:0回/28,800秒
  • ■ トラブル時 ワーク損失枚数:0個/1回
  • ■ ワーク損失金額:0円
  • ■ 年間ワーク損失金額:0円

ワーク損失金額0を達成。26,568,000円/年のの経費削減!!

製品・技術・CADデータ、その他お問い合わせ

フォーム TEL(事業所一覧)※最寄りの事業者へ相談ください

・総合カタログ(Web限定)・カテゴリ別カタログ
・会社案内

ダウンロード ※外部サイト(イプロス)へ移動します