リニアエンコーダー、リニア変位センサー、無人搬送車用センサー等、磁気応用製品の専門メーカー

株式会社マコメ研究所

おかげさまでMACOMEは今年創立50周年!

採用情報

お問い合わせ:製品や技術に関するお問い合わせはお気軽に

HOME > 導入事例 > MACOMEでカイゼン

MACOMEでカイゼン!! <事例と数値でナットク導入効果 その8>
ー 自動車のハンドル回転角を非接触で計測したい ー

光学センサーに「読み飛ばし」エラーが頻発!?
乱反射やホコリなどの外乱を受けないようにするには?

トラブル事例

自動車安全検査会社で、車両のハンドル回転角を光学センサーで計測している。光の乱反射やホコリの蓄積などが原因により、センサーの「読み飛ばし」エラーが発生。このため、テスト回数が増えて作業効率も大幅ダウン。

  • ・外乱の影響を受けないセンサーがほしい
  • ・毎回の「繰り返し」が確立されているセンサーを探している
  • ・なるべく導入コストを抑えたい

以上、3点の要望があった。

トラブル状況と損失

  • ■ 追検査時間:18000秒(300秒×60回/日)
  • ■ 再調整:1200秒(600秒×2/日)
  • ■ 損失額:64000円/日(分200円として)
  • ※該当工場内 5作業場 合算時間となります

MACOMEがオススメする製品は、コレ!!
リニアエンコーダーシステム
SI-140シリーズ(マコメジャー®システム)

改善ポイントと期待できるお客様効果

SI-140シリーズは、磁気検出ヘッド『SIE-140』と磁気スケール『SIS-140』をセット。設置は、自動車のハンドルの回転軸にSI-140を巻き付けるだけでOK。

  • ・小型・コンパクトの省サイズ設計を採用し、狭所でも余裕で設置可能。磁気スケール『SIS-140』は、両面テープで貼り付けられ、設置・撤去が簡単
  • ・非接触検出のため、摩擦による表面の消耗や欠損、経年劣化がほとんどない
  • ・AC100Vで使えるマルチメジャーカウンター『CU-666』や、延長ケーブルなど充実のオプションを用意

製品の詳細は、コチラ

磁気検出ヘッド『SIE-140』/磁気スケール『SIS-140』

改善効果とメリット

■ 検査回数:平均5回→2回

計測テスト回数に5回も要していたが、半分以下の2回に短縮化。テスト作業と時間が圧縮され、「読み飛ばし」エラーが減少し、テスト精度も上がった。

繰り返し精度が大幅に改善。再検査の作業が0に!!

製品・技術、その他お問い合わせ

フォーム TEL(事業所一覧)※最寄りの事業者へ相談ください

・総合カタログ(Web限定) ・カテゴリ別カタログ
・CADデータ ・会社案内 ※外部サイト(イプロス)へ移動します

ダウンロード ※外部サイト(イプロス)へ移動します ダウンロード ※外部サイト(イプロス)へ移動します