リニアエンコーダー、リニア変位センサー、無人搬送車用センサー等、磁気応用製品の専門メーカー

株式会社マコメ研究所

採用情報

お問い合わせ:製品や技術に関するお問い合わせはお気軽に

HOME > 導入事例 > MACOMEでカイゼン

MACOMEでカイゼン!! <事例と数値でナットク導入効果 その6>
ー⼤量⽣産による鉄球の全数検査化 ー

鉄球を製造しているが、鉄球の磁化が発生!? ライン上で磁化のモニタリングしたい。カイゼンはないか?

トラブル事例

10φの鉄球を毎日約4万個製造。その中で不具合品(磁化された鉄球)が混在する。現状、抜き取り検査のみで、不具合品が流出してしまう。
ライン上に何らかのセンサーを取り付け、磁化されている鉄球をモニタリングし排出させたい。

  • ・自働化ライン上での磁化された鉄球のモニタリング
  • ・ライン構造により検出物とセンサー間で、検出距離を30mmあけたい

以上、2点のご要望があった。

トラブル状況と損失

不具合品が発見されると、約2万個の全数検査が必要になる。全数検査時間損失:358,000円/1ロット

MACOMEがオススメする製品は、コレ!!
ガイドセンサー『GS-116

カイゼンのポイントと期待できるお客様効果

マコメ研究所製のガイドセンサー『GS-116』をラインコンベアーに取り付け、鉄球の磁界を検出し排出可能になった(ただし、磁界の強さにもよる)。

  • ・AGV(無人搬送車)用ガイドセンサーとしてラインナップだが、GS-116は16bitのパラレルスイッチング出力に対応。16bitで磁界を検出し、磁化された鉄球のモニタリングが可能になった
  • ・出力がパラレルのON/OFF情報のため、磁界領域の情報をデジタルにて処理できた
  • ・GS-116は、検出距離40mmまでなので、コンベアー取り付けが可能になった

製品の詳細は、コチラ

ガイドセンサー『GS-116』
ガイドセンサー『GS-116』

カイゼンの効果とメリット

  • ■ 異常があれば、すぐに止まるラインを構築
  • ■ 不具合品発生時、不良品を自動排出できるラインシステムを実現

不具合品発生時の全数検査損失金額0を達成!!

製品・技術・CADデータ、その他お問い合わせ

フォーム TEL(事業所一覧)※最寄りの事業者へ相談ください

・総合カタログ(Web限定)・カテゴリ別カタログ
・会社案内

ダウンロード ※外部サイト(イプロス)へ移動します